flame_h01s.png

2019年11月14日

世界政府誕生の日

tdhyyyyyyyyyyyyyhihkjyyyy (2).png


炸裂消火栓:
犬にな
マヨネーズ塗るやろ

セイントケバブ:
うん

炸裂消火栓:
ペロペロ舐めよる

セイントケバブ:


炸裂消火栓:
この原理を使ってなんか発明したい
社会貢献がしたい

セイントケバブ:
えらい

炸裂消火栓:
エネルギー革命をおこしたい

セイントケバブ:
えらい

炸裂消火栓:
車のウォッシャー液を
マヨネーズにする
そうすると犬がなめる
車がきれいになる

セイントケバブ:
悪かないが
車洗うだけではなあ
もう一歩そこから発展させたい

炸裂消火栓:
犬がマヨネーズをなめることで発電する機械をつくる

セイントケバブ:
それがいい
犬マヨネーズ発電

炸裂消火栓:
そこら中に犬マヨネーズ発電機を無数に設置する
大量の犬を野に放つ
犬がマヨネーズなめる

セイントケバブ:
エネルギー問題は全部解決
犬マヨネーズで

炸裂消火栓:
人類は救われた

セイントケバブ:
犬マヨネーズ文明
世代を重ね、マヨネーズをなめるのに特化して進化する犬

炸裂消火栓:
犬がいかにマヨネーズを効率よくなめるかがエネルギーの生産効率に直結するので
犬の進化は重要

セイントケバブ:
マヨネーズを上手くなめる犬が住む国が勝利する
優秀なマヨネーズ舐め犬を作り出した者が勝つ

炸裂消火栓:
国や地域によって発電機と犬の形態に特色が出そう

セイントケバブ:
犬の規格の問題が出る
あの国の犬をこっちにつれてきたら、マヨネーズを変に舐めて発電機を壊すから禁輸とか

炸裂消火栓:
下手に交雑させると遺伝子汚染が起きて発電効率が下がる
重大な事故に発展するかもしれん
マヨネーズの舐め方で

セイントケバブ:
気候の違いとかも関係する
犬の気分も

炸裂消火栓:
雷が鳴ったり花火が上がったりすると、犬が怖がってマヨ舐めをやめるので
大停電が起きることになる

セイントケバブ:
それは問題や
そういうのを怖がらん犬にするか、犬用マヨネーズシェルターを作るとか

炸裂消火栓:
雷が鳴ってる間は、人間が代わりに舐めるようにする

セイントケバブ:
人類もマヨネーズに特化せないかん
いまから練習しろ

炸裂消火栓:
全人類にマヨネーズの練習をさせなあかん
これは急務

セイントケバブ:
強大な権力が必要
大統領になれよ
世界を統一しろ
全人類にマヨネーズ舐めさせるには
それしかない

炸裂消火栓:
わかった
おれは世界を一つにする
マヨネーズ舐めなあかんから
posted by ボロ物置 / Volomonwoky at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 可燃ゴミ